Monthly Archives: September 2008

2008年9月2日(火)

Reiko Imoto:Photo/Arts へようこそ!

こんにちは!御無沙汰しています。 暦の上ではもう秋ですね。 日本はまだ残暑が厳しいのでしょうか? 皆さんの夏はいかがでしたか? 私はこの夏はクロアチアに行ったり、写真のプロジェクトに専念したりで、いろいろと走り回っておりました。 というわけで、筆不精になってしまっていたらスミマセン・・・ ですが、相変わらず元気にしておりますよ。 皆さんも良い夏を過ごされたことを祈っています!

では、まずは、遅ればせながら、6月に開催された東京のギャラリー冬青での 『夢見る螺旋』 個展の会場風景をアップしてみました。 では、どうぞお楽しみください (10 pics);


そして、この秋に開かれる展覧会のお知らせを以下にまとめました;


★ 『Time Traveler’s Diary Mini シリーズ個展 by REIKO IMOTO

in 「FOTOSEPTIEMBRE USA」 国際写真祭 (アメリカ・テキサス州・サンアントニオ)


■ 会期: 9月6日(土)~10月26日(日)

■会場:The upper gallery of the Instituto de Mexico
600 Hemisfair Park San Antonio, Texas 78205 USA、 http://portal.sre.gob.mx/culturamexsa/

■オープニングレセプション: 9月6日(土)、 4pm-8pm

■開館時間: 火-金(10am-5pm)、 土-日(11am-5pm)

キュレーター: Michael Mehl

この企画展の一部は、City Of San Antonio Office Of Cultural Affairs からの助成を受けています。

FOTOSEPTIEMBRE USAの主催者であるSAFOTOによって選抜されたインターナショナル・フォトグラファー (計8名) のそれぞれの新作が、Miniシリーズ個展として発表される予定です。

Miniシリーズ個展招待フォトグラファー名:

Nathalie Daoust
(Canada)、 Alexander Beloff & Stanislav Gordiyenko; Two Heroes(Russia)、Reiko Imoto (Japan/Belgium)、Marcelo Isarrualde (Uruguay-Spain)、Tan Ngiap Heng(Singapore)、Phel Steinmets (California)、Saul Zanolari (Switzerland)

FOTOSEPTIEMBRE USA」 国際写真祭のプログラムは、コチラをご覧下さい;
http://www.fotoseptiembreusa.com/fotoseptiembre-2008.html

この写真祭 とMini シリーズ個展については、コチラ (『San Antonio Express News 』の記事)をご覧下さい(英語です);http://www.mysanantonio.com/entertainment/visual_arts/Photo_fest_gaining_audience_on_the_Web.html

Time Traveler’s Diary 個展 by REIKO IMOTO
(フランス・ラコステ)

■会期:9月10日(水)~12月20日(土)

■会場:Galerie Pfriem
Rue du Four 84480 Lacoste, France、 Tel : +33(0)4 90 75 66 34

http://www.scad.edu/exhibitions/lacoste/index.cfm

レセプション: 10月24日(金)、 6pm-8pm

■開館時間:月-金 9am-5pm、及び、土・日 10am-5pm

Galerie Pfriemは、Savannah College of Art and Design (SCAD)のラコステ校に付属するギャラリーです。
この企画展の一部は、SCADからの助成を受けています。

Time Traveler’s Diary』 個展は、21点の写真作品から構成され、“時間と空間を越えた、心のタイムトリップ”がテーマとなっています。 SCADの学生を対象とした、スライドショー・レクチャーも10月中に開かれる予定です。

この個展についての記事(写真つき)はコチラをご覧下さい(フランス語);
http://www.femina.fr/culture-people/sorties/les-mysteres-du-temps-s-exposent
http://www.luberon-news.com/fr/Luberonscope/(view)/listing?theme=2565&ville=339&mois=09

★ 『Transformational Dialogues: David Gibson, Reiko Imoto & James Osamu Nakagawa 三人展 (アメリカ・テキサス州・デントン)


■会期:9月30日(火)~10月31日(木)

■会場: The East and West galleries in Fine Arts Building of Texas Woman’s University (TWU)、at the corner of Oakland and Texas Streets, Denton, TX, 76204 USA phone:(904) 898-2530
http://www.twu.edu/as/va/galleries/galleries.html

■開館時間:月-金(9am-4pm)、及び、土(1pm-4pm)

■オープニング・レセプション:10月7日(火)、5:30pm-7pm

キュレーター:Susan kae Grant

この企画展の一部は、Texas Woman’s University (TWU)、Department of Visual Artsからの助成を受けています。

私の出展は、『Dreamscapes』シリーズから選ばれた7点の3連写真が展示される予定です。

TWUの学生を対象としたレクチャー (この三人展の参加写真家、James Osamu Nakagawa 氏と私によるもの)も、レセプション当日に開かれる予定です。

Dreaming Spirals 個展 by REIKO IMOTO
(フランス・アプト)

■会期:11月8日(土)~12月20日(土)

■会場:ATELIER D’ART FERNAND BOURGEOIS ミュージアム・ギャラリー
14, place du Postel, APT 84400 France  Tel : +33(0)4 90 04 52 47

■開館時間: 10am-12pm、 及び、 3pm-6:30pm

■オープニング・レセプション:11月7日(金)、6pm-

この企画展の一部は、ATELIER D’ART FERNAND BOURGEOISからの助成を受けています。

ATELIER D’ART FERNAND BOURGEOISは、アプトにあるミュージアムに付属するギャラリーです。


Dreaming Spirals』個展では、『Dreamscapes』と『Dreams of the Amnesiac』の両シリーズが展示されます。 アプトにある学校の、若い生徒を対象としたワークショップも11月に開かれる予定です。

このアプトでの『Dreaming Spirals』個展の会期中、私のもうひとつの個展『Time Traveler’s Diary』 のほうも、同じく南仏のラコステ(Galerie Pfriem)にて引き続き開催中ですので、よろしければ併せて起こし下さいませ。 ラコステは、アプトから15kmほどの近い距離に位置しています。

この秋、テキサスや南仏へご旅行される方々、又はお近くにお住まいの方々は、是非とも展覧会にいらしてくださいね。 どこかでお会いできますように!


さて、もうすぐ、アメリカに向かうわけなのですが、今回はアメリカを離れてから2回目の渡米となり、(私は2004年までの5年間、アメリカ南東部に住んでおりました。 前回の渡米は2006年で、同じくFotoseptiembre USA 国際写真祭に参加した際でした。) 今回は、同じくテキサスにあるTWUでの三人展にも参加できることになり、訪問をとても楽しみにしているところです。 なんだかよく分りませんが、テキサスには縁があるようです。 展覧会主催者の方々、写真家の方々、学生さん、そして地元の皆さんにまたお会いできるのが楽しみです! それと、メキシコ料理(テキサス風ですが)、特にベジタリアンのケサディーラとブリートを堪能して参りたいと思います :) それから、もうすぐ公開のコーエン兄弟の新作映画、『Burn After Reading』 (なんとコメディ映画!)も見逃せません。 コーエン兄弟といえば、あの、“恐怖映画”ともいえそうな『ノーカントリー』で各賞を総ナメにした・・・というニュースも記憶に新しいのですが、その快挙のせいで笑いが止まらず、幸せの勢い余って作ってしまったのが今回の「コメディ映画」なのではないでしょうか?? 正直なご兄弟です(笑)。 キャストが、マルコヴィッチ様とブラピさん、というゴージャスな顔合わせだし・・・ なにか変です。 でもすごく楽しみです。
あ、浮かれたことばかり書いてしまいましたが、今回のアメリカ滞在では、今後開催予定のレクチャーなどの準備に追われそうです・・・。 まずは、テキサス訛りの英語に慣れるよう、がんばろう! というわけで、また気を引き締めて行って参りたいと思います。

皆さんもどうぞお元気で!気持ちの良い秋が早く来るといいですね!!
ではまた。

Reiko