Monthly Archives: September 2009

2009年9月1日(火)

Reiko Imoto:Photo/Arts へようこそ!

こんにちは、お久しぶりです! あっというまに、カレンダーが秋になってしまいました。 皆さん、お元気でお過ごしでしょうか? 皆さんの今年の夏はいかがでしたか? 私の方は今ベルギーにいて元気にしています。
7月には、神戸の個展で多くの方々にお会いできて本当に感激でした。

会場ではいろいろな方々のお話も沢山伺えて、とても楽しい日々でした・・・。 いつも応援してくださっている神戸や関西方面の皆さん、遠方からはるばるいらして下さった皆さん、数十年ぶりに再会できた先生や友人の皆さん、アーティストさんやアートが大好きな方々、今回初めてお目にかかることができた方々、皆々様、ご来館本当にありがとうございました!そして、大変お世話になりました、神戸わたくし美術館の三浦徹氏と、奥様の三浦秀子氏の温かいおもてなしに、心よりお礼申し上げます! ありがとうございました!!

この 『井本礼子の世界』 展の展示風景 (フォト・レポート)は、次回のNEWSでお伝えしたいと思いますので、どうぞお楽しみに!

実は、この展覧会はまだ開催中であります。 9月25日まで続いていますのでどうぞお見逃しなく! 展示の詳細はコチラです;


『井本礼子の世界』 展

会期: 2009年9月25日(金)まで

会場: 神戸わたくし美術館

〒653-0874
神戸市長田区西丸山町2丁目7-5
*最寄り駅: 丸山駅 (神戸電鉄・有馬線) 下車5分、 又は、
市バス4系統 西丸山3丁目 下車3分

Phone/Fax: 078 621 0366
地図: http://www.wa-nokai.com/hyogo.html
全国のわたくし美術館のWeb: http://www.wa-nokai.com/activity1.html

開館時間: 10am – 5pm (*要予約制)

* 神戸わたくし美術館は、美術コレクター・三浦徹氏と、奥様の三浦秀子氏の、(風情ある日本家屋の佇まいの)個人美術館です。

* 神戸わたくし美術館では、年間4つの企画展が開催されています。 今年2009年は開館十周年であり、『井本礼子の世界』展は、この記念すべき年の企画展のひとつとして開催されています。

* この個展では、額装された写真作品としては、『Dreamscapes』 (ドリームスケープ)、及び 『Dreams of the Amnesiac』 (記憶喪失者の見た夢) のシリーズから選ばれた作品が展示されています。 そして、小さなプリント・ポートフォリオとしては、『Time Traveler’s Diary』 (タイムトラベラーの写真日記)や、『Another’s Hand』 (他人の手)、及び、新作のフォトコラージュ・プリント 『飛ぶこと、飛べること、飛べないということ』 などのシリーズから選ばれた作品が展示されています。

* 美術館へのご来場は、「予約制」になっておりますので、ご来場予定日の前日までに、お電話にて「ご来場日」と「ご来場時間」をご予約くださいますよう、よろしくお願いいたします。

神戸や神戸周辺にお住まいの方々、よろしければ是非ともおいで下さいませ。

そして、次のNEWSは・・・

この秋に開催予定の、チェコでの個展の詳細が決定いたしました!
以下にお知らせさせて頂きます;

Dreamtime exhibition by REIKO IMOTO

会期: 2009年10月2日(金)~11月2日(月)

オープニング・レセプション: 10月2日(金) 6pmより

会場: Galerie 4, galerie fotografie
Kamenna 2
350 22 Cheb
Czech Republic

Tel./Fax: +420 354 422 838
E-mail: galerie4@galerie4.cz
Website: http://www.galerie4.cz/en/exhibition/reiko-imoto

開館時間: 火-金 (10am-6pm)
土 (10am-5pm)
日&月は休館

* Galerie 4 (G4 gallery)は、チェコ共和国の西部、ドイツとの国境近くにあるCheb(へブ)という街に、1985年に設立された国立の写真ギャラリーです。 このギャラリーは、12世紀に建てられたChebの旧市街に位置するチェコ最大の写真ギャラリーで、4部屋の展示空間が内在しています。 年間10~12本の国内外の写真家の企画展が開催されています。

* 私の『Dreamtime』展は、3つの写真シリーズ(『Time Traveler’s Diary』、『Dreams of the Amnesiac』、そして『Dreamscapes』)から構成される予定です。 今回はどんな展示となるのか、本人も楽しみにしているところです! そして少しはチェコ語も覚えなくては・・・、と考え中です。

チェコ在住の方、またはドイツの東部にお住まいの方、そしてこの秋にチェコに行かれるご予定の方は、是非、この展覧会においでくださいませ! お目にかかれるのを楽しみにしています:)

今年の夏は私にとって、いろいろと移動が多い夏でした・・・。 7月の神戸は、まだ夏本番ではなかったというのに自分にとっては既に“真夏”の暑さでした。 よく考えると、7月のような夏場に日本に戻ったのはもう10年振りくらいだったのかもしれません。 ですが今回の日本滞在では、友人のいる札幌にも遊びに行けて、しばしの涼しさも味わえました。 何を食べてみても美味な北海道の食文化にも大感激でした:) 8月には、日本からベルギーにもどりましたが、その足でドイツの東部に用事があり出かけてきました。 ドイツ人の生真面目さと、街の清潔さには脱帽でした。(ヨーロッパではファーストクラスでしょうね。) 余談ですが、ドイツはどこの街にもアイスクリームやパフェの店が多くて、びっくりでした。(それがまた、大きい、旨い、安い、の三拍子で。) 10月のチェコ行きの途中にもまたドイツのワイマールという街を訪れる予定です。 この街に由来があるアーティスト、音楽家、文学者などは歴史上数多く、とても興味深い街でもあります。 ワイマールはきっと、芸術的なインスピレーションが沸きやすい環境の街なのかもしれませんね。 (あ、それと、カメラなどのレンズの開発者、カール・ツァイスもワイマールの出身で、彼の博物館もこの街にあります。) 次回のドイツとチェコ訪問が楽しみです! そしてなによりも展示に向けてがんばりたいと思います。

ではでは、今年のラストの三分の一を、皆さんもどうぞお元気でお過ごしくださいね!
涼しくて過ごしやすい季節まで、あともうちょっと。 あの、秋の空気感が楽しみですね!!

Reiko