Monthly Archives: March 2010

2010年3月2日(火)

Reiko Imoto:Photo/Arts へようこそ!

お久しぶりです、こんにちは!暦の上ではもう春になりましたが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?こちらベルギーの今年の冬は、まれに見る寒さの、とても長~い冬でした。これまでは“地球温暖化”だと聞いておりましたが、少なくともこの冬のヨーロッパは明らかに寒冷化しておりました。

ですが、ようやく少しは暖かくなり、鳥のさえずりも聴こえるようになった今日この頃・・・。
ちょっとホッとしているところです。 皆さんの町にも早く素敵な春が訪れるといいですね!

ではここでNEWSです!(お久しぶりなので“盛り沢山”ですよー。)

今年の個展の年間スケジュールは、今のところ、この春から冬に掛けて企画展が4本予定されています。まず4月の「東京」を皮切りに、そして、5月~6月の「神戸」での展示が続きます。その後10月には「チェコ(プラハ)」、11月~12月に掛けては「スイス(オーベルヴィール)」での展示が続く予定となっています。というわけで、もうすぐ展示のため日本へ向かいます。昨年に引き続き、この機会に日本で桜を堪能できるということにも、とてもワクワクしております;)

ではまず、この春の東京での個展の詳細を以下にお知らせいたします;


井本礼子写真展 『記憶の琴線 ~想起する幻の光~』

会期: 2010年4月1日(木)~30日(金)

会場: ギャラリー冬青
〒164-0011東京都中野区中央5-18-20

tel 03-3380-7123 fax. 03-3380-7121  e-mail: gallery@tosei-sha.jp
Web: http://www.tosei-sha.jp/index_j.html  地図: http://www.tosei-sha.jp/map.html

開館時間:11時~19時 (*最終日は14時まで)、 休館日:日曜・月曜・祝日

「ギャラリートーク」: 井本礼子 X 城林希里香
2010年4月2日(金) 19:00~21:00 (受付開始18:30)
先着40名さま(お申込順)、参加費:1000円 


東京・中野の素敵な写真ギャラリー兼出版社、「冬青(とうせい)」での2回目の個展となる 『記憶の琴線 ~想起する幻の光~』展は、ブランニュー、正にまっさらの新作の展示となります。今回の作品のテーマは、“特有な光が媒体となる、古い記憶の想起”です。この作品シリーズのアーティスト・ステートメントの最後の部分をここでご紹介すると・・・ 「光の在り処に気付くとき その光は人の記憶に降り注ぐ 夢と夢の合間を 日々忙しく生きる私たちそれぞれの 記憶の琴線に触れるまで」、という文章内容になっています。新しい作品の展示はいつもちょっと緊張します。ですが、新しいことを体験をするときの、あの新鮮なワクワク感もいっぱいです。この展覧会の実現に向けて多大なお世話をしてくださっている、ギャラリー冬青の社長・
高橋国博
氏、そしてスタッフの田中由美子氏と桑沢香織氏のご協力とご親切に心より感謝申し上げます。

4月2日のトークショーは、この3月にギャラリー冬青で展示をされている、大阪出身、ニューヨーク市在住の写真家・城林希里香さんと、神戸出身(ベルギー在住)の井本とのセッティングで行われ、お互いの“関西弁”が炸裂しそうな、それでいて肩の力の抜けた楽しいトークショーとなりそうです。

そしてもう一つのイベント、「ポートフォリオ・レビューwith 井本礼子」も行われる予定です;
日程: 4月6日(火)~9日(金)まで、及び、13日(火)~16日(金)までの期間。
このイベントは、これから活躍しようとする写真家の方を対象とした、一対一のポートフォリオ・レビューです。ご興味がおありの方は、ギャラリー冬青までどうぞお問い合わせ下さい。いろいろな作品を拝見できるのを楽しみにしています。ふるってのご参加をお待ちしております!
詳細はコチラから; http://www.tosei-sha.jp/imoto_portfolio_review.htm

東京やその近郊にお住まいの方、4月に東京に来られるご予定の方、2008年に開催した個展の時にお目にかかれた方、今回新しくお目にかかれる方、皆様、お時間ございましたら是非ともこの展示に足をお運びくださいませ。私、井本の在廊日は、また追ってこのウェブNEWSにてお知らせいたしますが、来館くださるご予定の方は、前もって私のほうまでご一報頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願い致します。多くの方々にお目にかかれますことをとても楽しみにしています!!

では次に5月の大型連休明けに始まる神戸での個展の詳細を以下にお知らせ致します;


井本礼子写真展
『Dreamscapes -意識と無意識の視覚的螺旋』  

Gallery TANTO TEMPO 開設2周年記念特別写真展)

会期: 2010年5月8日(土)~6月13日(日)

会場: Gallery TANTO TEMPO
神戸市中央区栄町通2丁目1-3、謙昌ビル3F

Tel & Fax: 078-393-0810 E-mail: info@tantotempo.jp
Web: http://tantotempo.jp/contents/imoto_reiko.html
地図: http://tantotempo.jp/contents/map.html

開館時間:11時30分~19時、 休館日:水曜・祝日

「 ギャラリートーク」: 5月29日(土)午後4時より
先着30名さま(お申込順)、参加費1000円
(このギャラリートークには、今までの井本作品のスライドショー上映も予定されています。)


Gallery TANTO TEMPO
開設2周年記念として開催される『Dreamscapes -意識と無意識の視覚的螺旋』展には、「Dreamscapes (ドリームスケープ)」 と 「Dreams of the Amnesiac (記憶喪失者の見た夢)」の、2作品シリーズが展示されます。両作品シリーズとも、夢や記憶など、現実には目に見えないけれど心の中だけで見えるものをテーマとしています。神戸出身である私としても、地元の素敵な写真ギャラリー、TANTO TEMPOの記念すべきシーズンにこの展示が開催されることを、とても光栄に感じています。
Gallery TANTO TEMPO
の社長・
山田眞理子氏、ディレクター・杉山武毅氏の多大なご協力とご親切に心より感謝致します。

神戸や関西にお住まいの方、5月~6月に神戸に来られるご予定の方、このウェブを発見された井本の旧友やお知り合いの方々、今回新しくお目にかかれる方々、皆様お時間ございましたら是非ともこの展示にお立ち寄りください。私、井本の在廊日は、また追ってこのウェブNEWSにてお知らせいたしますが、来館くださるご予定の方は、前もって私の方までご一報くだされば幸いです。どうぞよろしくお願い致します。皆様にお目にかかれますことを心待ちにしております!!

ではここで次のNEWS です・・・

大変長らくお待たせいたしましたが、昨年の秋に開催されたチェコ共和国・へブの写真ギャラリー・Galerie 4での個展、『Dreamtime (ドリームタイム)』 展のフォト・レポートをここでお届けしたいと思います。どうぞ次の写真をクリックしてご覧下さい!(34 pics);

ではでは皆さん、もうすぐ東京か神戸で是非お会いいたしましょう!この春の2本の展覧会が、良いものとなりますよう、気持ちを丁寧に持ってがんばりたいと思います。
良き春の到来までもうすぐ・・・。皆さんもどうぞお元気でお過ごしくださいね!!

See YOU very SOON!

Reiko