Monthly Archives: November 2013

2013年11月13日(水)

こんにちは、皆さん、お元気ですか?いつもこの NEWS をご覧頂きありがとうございます。皆さんの日常には、「芸術の秋」は続いていますか? 芸術三昧の秋の方、「いや、そんなのまだ始まってもない」という方、よろしければ是非、今月の私の個展にいらして下さいませ。(サッと始まり、サッと終わ りますのでご注意を!)

それではここで、個展の NEWS です!

井本礼子展『謎めく世界 — 私的な不可思議 –』(写真とコラージュ作品展)

会期:2013年11月16日(土)–22日(金)

会 場:ギャラリー 歩歩琳堂 (ぶぶりんどう)
神戸市中央区元町通 1-10-11 元町エビスビル3F
Tel: 078-321-1154
http://www.equiv.net/_11_mt/mt029.html
会館時間:12pm — 7pm

* 水曜日定休、 最終日(22日)は、午後5時まで。
ギャラリー 歩歩琳堂は、元町駅(JR、または阪神)から歩いて1、2分の距離、大丸(デパート)
からも2、3分の距離です。

この度の、ギャラリー歩歩琳堂での初個展『謎めく世界 –私的な不可思議–』は、
井本の世界観が幅広く紹介された展示となりますが、特にモノクロ写真作品シリーズ『Visions of the Other Side』と『Time Traveler’s Diary』、
カラーのフォトコラージュプリント『Fly, Flew, Flown (飛ぶこと、飛べること、飛べないということ)』を中心に、そして『Dreamscapes』、
Dreams of the Amnesiac(記憶喪失者の夢)』、『Another’s Hand (他人の手)』などのシリーズからも作品が紹介され、
合計70点余りの写真が展示されます。

また、写真以外にも新作のコラージュ作品が20点展示され、 シュルレアリスト画家達が好んで使用したデカルコマニーとフロッタージュという技法を組み合わせ編み出された新技法「デカルコタージュ」(井本が命名:) が、このコラージュ作品に使用されています。写真作品とはまた違った「遊び心」
のあるコラージュ作品群ではありますが、井本作品特有の「不可思議さ」をまといながら、何にも似てない生き物のようなものの、
その存在感が詩的に表現された作品シリーズとなっています。

謎めく世界 –私的な不可思議–』写真とコラージュ作品展にようこそ!
この機会にぜひご高覧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

会期中、私はなるべく在廊する予定ですが、歩歩琳堂に井本の姿が見えない時は、ギャラリーのオーナーさん(大橋さん)にお声をかけてみて下さいませ。すぐに飛んで参ります。または、事前にご連絡くだされば幸いです。どうぞよろしくお願いいたします!
水曜日はギャラリーの定休日で すので、くれぐれもご注意くださいますように

それでは、もうすぐ、皆さんにお会いできるのを楽しみにしています!

Reiko