Monthly Archives: August 2015

News: 2015年8月13日(木)

こんにちは。                                      先日お知らせしました9月に始まるベルギーの三人展Paysages / Landscapes のオープニング・レセプションの日程が分かりましたので、もう一度、詳細と共にお知らせ致します。

あと、この三人展のプレスリリースも出ました:

http://www.galeriedys.com/dossierpresse/PRESS-2015-PAYSAGES.pdf

詳細は以下の通りです:

imoto-lalaguna.jpg Image by Reiko Imoto

三人展Paysages / Landscapes                             参加写真作家Jacques Courtejoie Vincent Everarts Reiko Imoto

会期9月10日(木) 10月11日(日)まで

会場Galerie d’YS   84, Rue de l’Arbre Bénit | 1050 Ixelles | Belgium                                           Tel +32 (0)499 22 57 66  info@galeriedys.com  http://www.galeriedys.com/                             開館時間:木曜 – 土曜 / 2pm – 6pm、 日曜 / 1pm – 3pm、開館時間以外は要予約

オープニング・レセプション: 9月10日(木)6pm−9pm

Galerie d’YS はとても素敵な、落ち着いた空間のアートギャラリーです。今回の展示は風景写真がテーマですが、それぞれの作家により、かなり違った個性の「風景」が展示されることと思います。個人的には、このお二人の作家さんとは初の顔合わせとなりますので、そちらも楽しみです。

ベルギーとその周辺にお住まいの方、または会期中、ブリュッセルにご旅行の方は、是非お立ち寄り下さいませ。皆さんにお会いできますように!


昨日は久しぶりに雨が降ったので今日は少し気温が下がり、頭がちゃんと働き始めました。そういう頭にでさえも、最近やけに残る曲があります。それは、浦ちゃんの『海の声』です。では、よろしければ、フルバージョンでどうぞ。(ああ、それにしても、なんて良い歌、良いお声!):   海の声 by 浦島太郎(桐谷健太)

それでは皆さんも、どうぞお元気で!

Reiko

News: 2015年8月10日(月)

暑いですね!すっかり真夏の最中になってしまいましたが、皆さんお元気でお過ごしでしょうか? 先月の東京での個展『CUBA 青い鳥は海の向こうの夢をみる』も無事に終わり、今は一息吐いています。

ギャラリー冬青高橋社長、スタッフの加藤さん直江さん嶋田さん、大変お世話になり、誠にありがとうございました! 今回の展示でも、いろいろな方々との出逢いと再会がありました。日々、人との繋がりを感じさせて頂き、とても感謝で素直に感動しました。会期の殆どが悪天候の毎日でしたが、お忙しい中いらして下さった方々、遠方から要らして下さった方々、何度もいらして下さった方々、皆様に心よりお礼申し上げます。温かいお言葉や応援を頂き、本当にありがとうございました!!

展示風景はこんな様子でした:

1_Tosei_show_2015_Reiko_Imoto_new

写真集CUBA 青い鳥は海の向こうの夢をみる』も無事出版されました。           全国の大型書店で只今発売中です! MARUZEN & JUNKUDO                                                                 この本と、ひとつ前の写真集『箱庭の窓』も併せて書店にてよろしくお願い致します。

(ついでですが、チェコの出版社からの写真集『Visions of the Other Side』は、Amazonさんでご購入頂けます。Amazon JP   また、ポーランドの出版社からの写真集『Dreamscapes』は、井本の方までお問い合わせ下さい。どうぞよろしくお願い致します!)


さてさて、ここでNEWSです。

この秋、ベルギー(ブリュッセル・Ixelles )にて、風景写真三人展に参加いたします。    詳細は以下の通りです:

imoto-lalaguna.jpg Image by Reiko Imoto

三人展Paysages / Landscapes                             参加写真作家Jacques Courtejoie Vincent Everarts Reiko Imoto

会期9月10日(木) 10月11日(日)まで

会場Galerie d’YS   84, Rue de l’Arbre Bénit | 1050 Ixelles | Belgium                                           Tel +32 (0)499 22 57 66  info@galeriedys.com  http://www.galeriedys.com/                             開館時間:木曜 – 土曜 / 2pm – 6pm、 日曜 / 1pm – 3pm、開館時間以外は要予約

オープニング・レセプションの日時につきましては、また追ってお知らせ致します。

Galerie d’YS はとても素敵な、落ち着いた空間のアートギャラリーです。今回の展示は風景写真がテーマですが、それぞれの作家により、かなり違った個性の「風景」が展示されることと思います。個人的には、このお二人の作家さんとは初の顔合わせとなりますので、そちらも楽しみです。

ベルギーとその周辺にお住まいの方、または会期中、ブリュッセルにご旅行の方は、是非お立ち寄り下さいませ。皆さんにお会いできますように!


次のNEWSは、

引き続き、スイスの友人写真家  Jon Erwin Staeheli(ヨン・アーウィン・シュタヘリ)氏の写真展が、8月29日までギャラリー冬青(東京・中野)で開催されています。そして、写真作品集『迷宮  Wandering』も冬青社から出版され、全国の大型書店で発売中です。とても素晴らしい作品ですので、皆様、是非とも個展に足をお運び下さい!

Jon Erwin Staeheli 氏のウェブサイト:  www.winpic.ch

個展の詳細は以下の通りです;erwin_staeheli_e_invite

写真作品集出版記念

Jon Erwin Staeheli 写真展 『迷宮  Wandering

会期:8月29日(土)まで

会館時間:11:00~19:00 (日曜・月曜・祝日休館)

会場: ギャラリー冬青 東京都中野区中央5-18-20 TEL.: (03) 3380 -7123  http://www.tosei-sha.jp  E-mail: gallery@tosei-sha.jp


日本は本当に暑くて大変ですが、今夏のヨーロッパも40度程になった所もあったとのこと。また、もうすぐベルギーへ戻るので、自分のアパートの中のいろいろなモノが熱で溶けたりしていないかが少し心配ではありますが、まあ大丈夫かなあ、と。

今年の上半期は、出版もあり、自分の人生で一番多くベルギー / 日本間を行き来しました。   7月の個展では東京にとても長く滞在しました。

そして、今年は学ぶ年にしようと決めていたので、いろいろ学ぶことが多い年になりました。来年まであと、4ヶ月余りありますので、まだまだ加速して学んでゆきたいと思います。移動が多いと、出逢う人も多く、新旧、いろいろな方々に出会えました。普段は出不精というかアンチソーシャル気味(?)な私ではありましたが、限られた時間だと思えば、どこへでも人に会いに行けるようになりました。人間は幾つになっても変われるものですね!感謝、感謝です。

自分がインコのような鳥だったら、鳥籠から逃げて出来るだけ遠くまで飛んでいき、でもその後、元々の住処の鳥籠がふと懐かしくなるのですが、もう「帰り方」が分からない、というパターンかもしれません。ですが、帰り方がわからないだけに、いろいろ道にも迷うので、その道中には様々な発見があり、そういう時間が本当は愉しいのかもしれません。この文章は、比喩だらけで何を言っているのかが謎だと思いますが、特に深い意味はありません(えーっ!)。ヘンゼルとグレーテルのお話のようなもの、かな? あのお話には鳥は出てきませんが・・・。あ、でも、ヘンゼルとグレーテルが森の小道で迷わぬように目印にしようと、ちぎったパンを蒔きながら歩いた後、「小鳥たち」がパンを食べてしまいました・・・・。あら、地味に出て来てますね、鳥!(笑)

ではでは、頑張ってこの夏を乗り切りましょう!私は次の、ベルギーの三人展に向けて気合いを入れ直しているところです。このところ、やや熱中症ぎみでしたが、夜中にテレビで「世界水泳」観戦に熱中しているうちに治りました。感動のお裾分け、なんとも有り難い限りです。      皆さんも、熱中症には十分にお気をつけて。

改めまして、この夏出会えました皆々様、本当にありがとうございました!          またお目にかかれる日を心より楽しみにしています!

Reiko